リプロスキン クレーター

リプロスキンで凹凸クレーターニキビ跡の完治は難しい!

リプロスキン クレーター

クレーターニキビ跡ってどんな状態?

肌は、表皮、真皮、皮下組織と3層になっています。
クレーターのような凸凹ニキビ跡は、炎症により皮膚組織が破壊され、真皮層や皮下組織が傷つき起こります。
そして炎症が治まり、皮膚組織が収縮する際に表面が陥没し、凸凹としたクレーター状のニキビ跡になってしまうのです。
クレーターニキビは、先細り状になったアイスピックタイプのクレーター、ニキビ跡の開口部が4ミリ以上あるお皿のように緩やかな陥没のローリングタイプのクレーターニキビ跡、底が円形状に凹んだボックスタイプのクレーターニキビ跡の3種類に分けられます。
どのクレーター状のニキビ跡も、皮膚は表皮を支えている真皮や皮下組織まで傷ついている状態なのです。

 

リプロスキンでクレーターニキビ跡は治らないのはなぜ?

なぜクレーター状のニキビ跡がリプロスキンで治らないのでしょうか?
それは、凸凹としたクレーターの深さと関係しています。
肌の表面にある表皮部分だけの浅いクレーターであれば、ターンオーバーを活性化すれば治る可能性があります。
しかし、表皮の下にある真皮は、表皮のように活発な細胞の入れ替わりは行われません。
炎症を起こした肌の真皮は、ダメージを回復させるため、コラーゲンが変性したり増殖し、そのまま固まってしまいます。
それがクレーター状のニキビ跡として残ってしまうのです。
従って凸凹肌を改善するためには、固まってしまったコラーゲンを一度破壊して再生させる必要があります。
いくらニキビ跡専用の化粧水とはいえ、リプロスキンでは真皮にまで達してしまったクレーターニキビ跡が治らないのです。
リプロスキンに限らず、自宅でのスキンケアでこのタイプのにきび跡を改善することは困難です。
どうしても治したい人は、皮膚科でのピーリングやレーザー治療を受けましょう。

 

コスメでクレーターニキビ跡をケアする方法

肌表面を滑らかにするコスメを使う

クレーターニキビ跡は、ダメージを受けた真皮層が回復するためにコラーゲンが変性し、増殖が起こりそのまま固まってしまったため、凸凹としたニキビ跡が残ります。
クレーター状になった肌はダメージを受け、ガサガサと乾燥状態です。
なので、肌に水分を持たせ、表面を滑らかにしてくれるコスメでのケアが可能となります。
真皮にまで届いたダメージであれば、コラーゲンを増やしてくれる成分を含んだコスメを使用することで、クレーターとなった肌の凸凹とした部分を少しずつ埋めてくれ、目立たなくさせてくれます。

 

リプロスキンでクレーターニキビ跡がマシになった!?口コミ体験談

ニキビ用の化粧品の前にブースターとして使っていますが、私には効果がありました!
ただ、ニキビ跡は薄くなりましたが、ニキビ跡のクレーターはまだまだ無くなる気配はありません。
2ヶ月に1本ですし、効果も感じているので私的にはコスパも悪くないと思っています。
(22歳・混合肌)

 

3ヶ月目に入る頃に、ニキビ跡がだいぶ薄くなっていたのです!
半年経った今ではもうほとんど気にならなくなりました。
(18歳・敏感肌)

 

朝晩毎日2回塗って、1ヵ月半くらいで使い切った時には、ニキビ跡が薄くなってました。
効果は確実にあると思います。
(36歳・乾燥肌)

 

クレーターニキビ跡を完治するなら皮膚科治療

凸凹のクレーター状になったニキビ跡は、真皮や皮下組織と言った自己再生できない部分が傷つき、破壊されている状態です。
そうしたクレーター状の肌を目立たなくさせるだけなら、市販のニキビ跡ケア商品でも可能です。
しかし、しっかりと根本からの完治を目指すなら皮膚科での専門的な治療が必要となります。
皮膚科での治療には、レーザーやイオンを導入したり、FGFと言う注射を行う方法とクレーターの深さや大きさで様々な治療法があります。
また、保険適用外でもあるので、効果や費用はもちろん、完治までにかかる期間等、あなたに合った治療法を選んでみてください。