リプロスキンがニキビ跡に効く理由

1. ニキビ跡ができてしまう理由とは

ニキビは毛穴の中でアクネ菌が増殖して起こる症状です。
体にある免疫機能がアクネ菌と戦ってくれ、アクネ菌を除去しようとするのですが、その時に真皮壁にダメージを受けてしまうことにより、治らないニキビ跡となります。
ニキビ跡といっても、時間が経過すれば綺麗に治るものと、そうでないものがあります。
この違いは、表皮部分でのダメージなのか、真皮層までダメージを受けているかの違いです。
通常、肌のターンオーバーは表皮部分で行われます。
そのため、表皮部分のダメージなら治るニキビ跡となるのですが、真皮層までダメージを受けてしまうと簡単には治りません。

2. ニキビ跡の種類と症状

一口にニキビ跡といっても、いくつかの種類があります。
赤みのあるニキビ跡や色素沈着を起こしているニキビ跡、クレーターやしこり、ケロイド状なものなど、5種類のニキビ跡が挙げられます。
赤みのあるニキビ跡は炎症が治まると残る症状で、炎症によってうっ血してそのまま残っている状態です。
シミのように残ってしまう色素沈着には2種類あり、メラニンが大量に作られて起こる茶色の色素沈着と、ニキビによってダメージを受け毛細血管が破裂し血液の色が色素沈着を引き起こす紫色の物があります。
クレーターは、ニキビによって真皮層までダメージを受けた症状でくぼんでいる症状で、逆にケロイドやしこりは真皮から盛り上がっている症状です。

2-1. 赤みを伴ったニキビ跡

クレーターやケロイド、しこりなどのような真皮層からのダメージよって起こる症状では簡単には改善できないのですが、赤みだけを伴っているニキビ跡は比較的治りやすい症状です。
ニキビによって皮膚が薄くなり、血液の色が透けて見えていることもあり、正常なターンオーバーによって徐々に改善されます。
このような症状の人は、日頃のスキンケアや生活習慣を見直すことにより、軽度の症状なら1カ月程度で改善させることができます。
そのため、このような症状では、そのまま放置をするのではなく、早い段階でセルフケアをしていくことが大切です。

2-2. クレータータイプのニキビ跡

なかなか治らないニキビ跡にクレータータイプがあります。
この症状はとても厄介で、セルフケアだけでは簡単に治せない症状です。
通常の肌サイクルは肌表面の表皮部分だけで行われるため、真皮までダメージを受けてるクレータータイプは改善が難しくなります。
しかし、美容クリニックでは、このクレータータイプの症状を改善させることは可能です。
美容クリニックでのレーザー治療では、真皮層まで届くレーザー治療があり、真皮層から細胞を生まれ変わらせることにより、クレーターの肌を、以前のような綺麗な状態にまで戻すことができます。

3. 中途半端な治療では治らない

ニキビ跡の中では赤みを伴う症状が最も軽い症状なのですが、ニキビが重症化した後では、この赤みも1年経過しても解消されないこともあります。
ニキビ跡は中途半端な治療では治らないと考えておくことが必要になります。
セルフケアでも、少なくとも半年程度は徹底したケアをしていくと覚悟を決めてすることにより、短期間での解消につながります。
また、ニキビ跡を作らないケアを日頃から行うことも大切です。
ニキビを作らない洗顔やスキンケア、規則正しい生活習慣を送ることも大切ですし、ニキビができてしまった時には、できるだけ早く改善させることが、ニキビ跡で悩まされない最善の方法です。

4. リプロスキンに含まれる成分

セルフケアで、赤みのあるニキビ跡や色素沈着のニキビ跡を改善させたいと考えている人におすすめなのがリプロスキンです。
このリプロスキンはニキビ跡用に開発された商品ということもあり、セルフケアによってニキビ跡を改善させたいと考えている人には最適な商品となっています。
リプロスキンには、ホメオシールドや低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸が配合されていて乾燥肌にも有効で、肌の状態を健康に保つことができます。また、美容成分、美白成分として美容液にも使われるダーマホワイトも配合されていることから、色素沈着にも効果的です。
その他にも抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム、美容効果の高いことでも知られるプラセンタエキスも配合され、ニキビ跡のセルフケアには最適な化粧水となっています。

4-1. ニキビ跡全般に効果がある?

ニキビ跡といってもいくつかの種類があります。
このリプロスキンはニキビ跡に効果があることで知られていますが、クレーターやケロイド、しこりのような症状を改善させるほどの効果はありません。
真皮層までダメージを受けている状態では、セルフケアでの改善は難しく医療機関での治療が必要となります。
しかし、赤みや色素沈着といった症状は、真皮層までダメージを受けていないことが多く、このようなニキビ跡なら、セルフケアでも治療をすることは可能です。
リプロスキンのような有効成分が配合されている化粧水を使ったり、食事や睡眠など生活習慣の改善によって症状を治すことができます。

4-2. ニキビ跡が治っていくプロセスとは
セルフケアによってニキビ跡を治すためには、まず肌のターンオーバーを正常に保つことが重要になります。
肌サイクルが正常なら、一定期間で肌が新しく生まれ変わり、気になっていたニキビ跡も徐々に薄くなってきます。
擦り傷などでは、まずかさぶたができ、そのかさぶたが取れるころには、新しい皮膚ができ上がっていて、その後数カ月もすれば、どこに傷があったのかわからないほど綺麗に治ります。
ニキビ跡が治るのもこのプロセスと同じです。
ニキビ跡は傷跡と同じ状態と考えて下さい。
この傷跡を綺麗に治すためには、肌サイクルを正常に保つことが重要で、リプロスキンにはそのサイクルを保つために必要な成分が配合されています。

4-3. リプロスキン利用者の口コミ

口コミを見ると、1本使い切るとニキビ跡が若干薄くなったと感じたという声を見ることができました。
この人はリプロスキンを使う前に、他のメーカーの商品も利用したことがあったようですが、その商品と比べて即効性があると感じたとのことでした。
その他では、1カ月程度でニキビ跡が薄くなったと感じたものの、それ以降はあまりニキビ跡には変化が見られなかったという人もいます。しかし、リプロスキンを使っていくうちにニキビが全くできないことに気付いたということです
ニキビ跡ケアでは、ニキビ跡をケアするだけでなく、これ以上ニキビ跡を増やさないためにもニキビケアも同時進行で行う必要があります。
このリプロスキンは、ニキビ跡ケア化粧水としてだけではなく、ニキビ予防化粧水として使うこともできます。

5. リプロスキン利用時の注意点とは

リプロスキンには返金保証もあり、はじめての人でも安心して試すことができる商品です。
このリプロスキンはニキビ跡用の化粧水ということもあり、ニキビ跡で悩んでいた人は、かなり期待して使い始める人も多くいます。
しかし、肌のターンオーバーは周期があり、10代でも20日、20代では28日、30代では40日が目安となり、少なくともこの期間は続けなければ効果を実感することはできません。
また、どんなに効果が高い化粧水であっても、人によって肌の状態や肌質が違い、自分の肌に合うとは限りません。
リプロスキンも同じで、使い始めた途端に肌荒れをおこすといった人の場合には使用を中止する必要があります。